協力したカッター体験 【担当 宮田・三輪・安原】

6月14日、自然学校5日目。丹南今田連合の児童が兵庫県立円山川公苑でのカッター体験を楽しんでいた。カッターからは、元気のよいかけ声が聞こえてきた。

協力してカッターをこいでいる児童たち

協力してカッターをこいでいる児童たち

自然学校5日目、丹南今田連合の今田小、古市小、大山小、城南小の4校の児童が
協力してカッターをこいだ。全く進まないカッターもあれば、ものすごく進んでいるカッターもあった。カッターのこぎ方を教えてもらっている時の児童達は真剣な表情だった。カッタ-に乗り、パドルを持った児童らから「重い」という声が多く聞こえてきた。カッターが進むと同時に、カッターからは「そーれ」「よいしょ」と元気なかけ声が聞こえ、児童らの笑顔が見られた。カッター体験を終えた児童は、「初めてやったけど面白かった。」と笑顔で言っていた。