6年生 走り方のコツを学びました!(子連協)

11月1日(日)、6年生は丹波篠山総合スポーツセンターの方をお招きして走り方のコツを学びました。

これは、例年7月に6年生が子連協でドッジボールやソフトボールに参加するのですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となったので、子連協担当の保護者の皆様が子どもたちの思い出に残る行事をしたいと企画してくださいました。

当日、とても寒い朝でしたが、よい天気になって汗ばむほどの陽気になりました。集合写真(体調不良のため1名お休みの児童がいて、本当に残念でした。)プレイリード1

開会の後、講師先生からアップ、鬼ごっこやじゃんけん周りなど楽しみながら体を動かしました。

プレイリード2プレイリード3      準備体操               体じゃんけん

そして、走り方の3つの基本を教えていただきました。1つ目は、「まっすぐな姿勢」2つ目は、「腕を速く振るために曲げる」3つ目は、「足の裏の接地(つま先で走る)」です。これを意識しながら、ダッシュをしました。

プレイリード4プレイリード5      たいとたこ             ダッシュの練習

運動会の4色対抗応援パフォーマンスをお家の方々に見てもらった後、保護者・教職員チームも参加してリレー対決をしました。保護者・先生チームは、子どもたちの力いっぱいの走りに完敗でした。最後に、講師先生・中学陸上部VS選抜児童2チームで勝負!勝負は・・・講師先生・中学陸上部チームの完勝でした。さすが講師先生は流れるような走りで、子どもたちもびっくりしていました。

プレイリード7「プレイリード6

さまざまな活動を通して、子どもたちの元気に楽しむ姿が見られ、よい思い出ができたと思います。最後になりましたが、子連協を担当していただいた保護者の皆様、準備や連絡・当日の進行等いろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。