薬物乱用防止教室(6年生)

1月29日(金)、ライオンズクラブの方をお招きして「薬物乱用防止教室」をしていただきました。

「薬物」といえば、大麻や覚せい剤などの違法な薬物をイメージして、私たちの身近にない気がしていましたが、風邪薬などの市販薬や塗料・接着剤などの化学薬品、鎮痛剤・睡眠薬などの医薬品も当てはまるということでびっくりしていました。

薬物乱用防止教室3薬物乱用防止教室2

また本来の目的や使用方法から逸脱して薬物を使うことが「薬物乱用」となります。特に心に残ったことは、1回だけでも「乱用」になる、ということです。使うことによって、体にさまざまな悪影響が及び、一度でも使えば脳が傷つき、消えることはありません。そして何度も使いたくなり、やめられなくなってしまいます。薬物を乱用することによる恐ろしさを、6年生は真剣な表情で聞いていました。

薬物乱用防止教室4薬物乱用防止教室1

授業の後、「たばこやお酒も気をつけないと」という声も聞こえました。6年生は、これから心も体も大きくなっていきます。この授業を通して、自分を守るために正しい知識と行動がとれるようになればと思いました。

(児童の感想)

・今までは「恐いなぁ。でも大げさじゃない?」みたいに思っていたけど、今回改めて薬物の恐ろしさを知りました。もし自分がすすめられたら、きっぱりと断りたいです。

・一度でも乱用してしまうと、家族や友だちを傷つけることになります。そのことをしっかり心に残しておいて、将来につなげていきたいです。