卒業式練習が始まりました(6年生)

 3月15日(月)、今日から本格的に卒業式練習が始まりました。初めての体育館での練習なので、座る場所や座り方・返事など基本的なことを確認していきました。今年度も、新型コロナウイルス感染症対策のため在校生の参加はなく、卒業式の時間も短縮する予定です。その中でも工夫を凝らして、心に残る式にしたいと思い、卒業証書授与の後、卒業生一人ひとりが小学校で成長したところや中学校でがんばりたいこと、将来の夢を語ります。まだ、うろ覚えだったり声が小さかったりするので、これからもっと上手になるように練習をしていきたいです。卒業式練習3卒業式練習2

 歌の練習では、「旅立ちの日に」をマスクをつけたままで歌うので声が届きにくいですが、はっきり大きな口で歌う練習をしました。上のパートと下のパートに分かれて、立つ位置を変更すると歌いやすかったようです。最後に、入場の仕方を子どもたちと確認しました。子どもたちは「舞台から登場したい」ということで、実際におりる練習をしました。

卒業式練習1卒業式練習4

今年度は5回ほどしか卒業式練習がないので、集中してたくさんのことを覚えてほしいと思います。そして、23日(火)には、最高の卒業式になるようにがんばっていきます。

 

感謝の気持ちを届けよう!6年生を送る会

3月10日(水)、「6年生を送る会」を行いました。

1年間、リーダーとして全校生を引っ張てくれた6年生に、感謝の気持ちを伝えられるよう、5年生が中心となって会を企画しました。

新型コロナウイルス感染症対策として、いくつかのブースを設け、縦割り班でめぐるようにしましたが、各ブースには子どもたちのすてきな笑顔が溢れていました。

各学年から6年生に手作りのプレゼントがありました。プレゼントをもらって喜ぶ6年生の顔を見て、渡した子たちもとても嬉しそうでした。

場所を運動場に移して、6年生がお礼のダンスを披露。最後まで盛り上げ上手の6年生でした。

最後は、卒業式に参加できない在校生から6年生への呼びかけのサプライズを行いました。

大きな声には、6年生への感謝の気持ちが込められていました。