歴史校外学習に行ってきました。

今日は社会科の学習で歴史校外学習に行ってきました。

まずは、雲部車塚古墳です。これほど大きな古墳を造ることができる力を持った人が篠山にいたのですね。

次に洞中古墳を見学しました。洞中古墳は石室をのぞくことができます。石室に使われている大きな石をどうのように持ち上げたのか興味がわきますね。

次は長徳寺にあるマリア観音像を見学しに行きました。

キリスト教が禁止されていた江戸時代に、ここ篠山でも隠れて信仰が行われていたことを実感しました。

最後は法伝寺の釣鐘を見学しに行きました。釣鐘すら戦争のために供出されたことをはじめ、戦時中の話をご住職さんにしていただき、平和について考えました。

普段は教室で学習してますが、実物を見ることの大切さを改めて感じました。

子どもたちが、歴史の教科書で習ったことが、自分の住んでいるところでも起こっていたことを感じてくれたら嬉しいです。

図工「版画」 完成しました!!(4年生)

2学期の終わりから取り組んできた図工の紙版画の印刷が終わり、今日は友だちの作品を鑑賞する時間でした。

彫刻刀3種類を使ってていねいに彫り進め、先週待ちに待った印刷でした。

その出来栄えは素晴らしく、黒板1面に23名の作品を貼るとすごい迫力でした。

4年生の最後に、とてもいい作品が仕上がりました。作品は児童玄関の掲示板にしばらく掲示することになっています。全校生にみてもらうのも楽しみな4年生です!!

プログラミングの学習を頑張っています。(3年生)

ギガスクールサポーターの方にプログラミングの授業のサポートをしていただきました。始めにモーニングアップとして、タイピング練習を一緒にしていただき、こどもたちも張り切って練習に励みました。

その後、プログラミングの学習を行いました。今日は、「ボールくずし」のゲームをプログラムして作りました。回を重ねるごとにアレンジしてゲームを作ることができていて、サポーターの方も驚いてらっしゃいました。作った後は、友達に作ったゲームを紹介しながら、交代して遊びました。

紙飛行機を飛ばしました!(3年生)

児童会役員の5・6年生が紙飛行機大会という楽しい企画を考えてくれたので、それに向けて紙飛行機を折りました。家や学校で折り方を調べたり、自分で考えたりして作った紙飛行機を3年生みんなで飛ばしました。学年で上位2位まで児童会主催の紙飛行機大会に代表として出られるので、その2人を決める予選でもありました。教室でも体育館でも、飛ばす練習をたくさんして楽しい時間を過ごしました。いつも楽しい企画をしてくれる5・6年生、ありがとう!

 

自分だけのだるまを作ったよ!(2年生)

今年度、新型コロナウイルス感染症のため2年生も親子活動を実施することができませんでした。そこで、学級委員さんが子どもたちのために「だるま」を準備してくださりました。それに色を塗り、作品を作って親子活動の代わりとしてとりくみました。

だるまは陶器製なので、いきなり色を塗ると失敗しそうなので、まず最初に下絵をワークシートに描きました。クロムブックを活用して、だるまのデザインを調べて自分が作りたいイメージをふくらませました。どの子も楽しそうに下絵を描くことができました。

だるまづくり1 だるまづくり2

次に、いよいよ陶器製のだるまに色を塗りました。落とすとすぐに割れるので、机で色を塗らずに床に置いて丁寧に色を塗っていきました。多くの子は色ペンなど自分で選んで作品を作っていきました。下書きとは違って描きにくかった様子でしたが、それも「味」があってとてもいい作品になりました。

だるまいろぬり1 だるまいろぬり2 だるまいろぬり3 だるまいろぬり4

ついに全員のだるまが完成!落とさないようにしっかり持って、記念写真を撮りました。18日(金)、お家に持って帰りましたので大切に飾っていただければうれしいです。最後になりましたが学級委員さん、いろいろとお世話になりありがとうございました。

だるまづくり7

赤鬼が来た!!

2月3日節分に大きな赤鬼がやってきました!
前日から、新聞で豆を作り、「鬼は外!福は内!って言おう」と練習までした子どもたち。
3日に鬼がやって来ると・・・立ち尽くすちゅうりっぷ組、立ち向かうひまわり組でした。
赤鬼をやっつけた子どもたちは、その後、自分の中の鬼も追い出そうと、もう一度豆まきをしました。そして、“朝寝坊鬼”、“意地悪鬼”、“泣き虫鬼”等をやっつけました。

2年生 生活科のとりくみ(百人一首・タブレット)

2月に入り立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いています。2年生は、寒さに負けず楽しく一生懸命がんばっています。

生活科では、今2つのことを中心に取り組んでいます。1つ目は、百人一首です。まず、最初に百人一首のなりたちについて簡単に説明をした後、今とは違う文字(旧仮名遣い)についても話をしました。次に実際に百人一首に挑戦しました。(一度に100枚をすると準備や探すのに時間がかかるので、20枚でやっています。)最初はなかなかとれなかったり、お手つきをしたり、負けて泣いたりする子もいましたが、練習を繰り返すうちに上手に取れるようになってきました。低学年の内から少しでも慣れておくと役に立つと思うので、練習を続けていきたいと思います。

百人一首1 百人一首2

2つ目は、タブレットです。低学年なので活用する機会は少ないのですが、zoomのつなぎ方や、タブレットドリル、クラスルームの活用について練習しています。2月に入って、タイピング練習も始めました。ホームポジションを覚えて、キーボードを見ないで文字を打てるようにがんばっています。2年生のみんなもすごく集中して、「おもしろかった」「上手に打てるようになってきた」と言っていました。

タブレット練習1 タブレット練習2

百人一首という昔ながらの学習とタブレットを使った最新の学習、どちらもこれから役に立つと思っています。また、お家でも百人一首やタブレットのとりくみをみていただければと思います。よろしくお願いします。