幼稚園ひまわり組の子たちに学校紹介をしました!(4年生)

6日(水)の2時間目、国語科で取り組んできた学校紹介を幼稚園のひまわり組の子たちにしました。クラスで話し合って紹介する内容を決めて、班ごとに発表の準備をしてきました。自分たちで写真を撮ったり、クロームブックでスライドを作ったりして幼稚園の子たちが喜ぶような紹介を考えました。

各班ごとに分かれて、幼稚園の子たちにスライドを見せながら紹介活動を行いました。紹介した内容は、「場所・先生・勉強」の3つのテーマです。

幼稚園の子たちも、4年生の発表をよく聞いてくれました。4年生は、最初は緊張していましたが、慣れてくると幼稚園の子たちに「今のわかる?」「もう一度言おうか?」と声掛けをしながら上手に学校紹介ができました。

最後は少し時間があったので、各班クロームブックを使って発表で見せたスライドや自分たちが撮った写真を見せたり動画を見せたりしました。幼稚園の子たちも楽しんでくれたようで、小学校に入学するのが楽しみだと言ってくれました。

国語科 話し合い活動「学校についてしょうかいしよう」(4年生)

2学期が始まり、4年生は国語科で、話し合い活動の学習に取り組んでいます。来年度小学校に入学してくる子に、学校について紹介することをグループで提案を考え、その後クラス全体で話し合って内容を決めました。

各グループがそれぞれのテーマ(紹介したい場所、人、勉強のうち1つ)について話し合い、クラス全体に提案したいこととその理由を話し合いました。そしてその案を全体の話し合いで提案し、意見を出し合ってクラスの意見を3つにまとめました。

全体の話し合いでは、司会者2名、黒板書記2名を立候補で決めました。話し合いの参加者も、自分の考えをしっかり伝えたりその理由を説明したりして、上手な話し合いをすることができるようになりました。

司会が話し合いの流れをしっかりとつかみ、話し合いを進めること。書記がわかりやすく出た意見を黒板に短くまとめること。そして参加者が手を挙げて自分の考えをしっかりと伝えること。そして友だちの発表をしっかりと聞き、話の途中で遮らないこと。これらは、簡単なようで非常に難しく、経験を積むことでどんどん上手になっていきます。今回はクラス全体の話し合い活動は3回行いましたが、これからも学活などで積極的にクラスの話し合い活動に取り組んでいきたいと思います。

決まったことをもとに、発表の準備を進めて幼稚園年長さんに紹介する予定です!

1学期お楽しみ会(水遊び)、楽しかったです!(4年生)

16日(金)、1学期のお楽しみ会で水遊びをしました。事前に、みんなでお楽しみ会にやりたいことについて話し合い活動を行いました。結果、各自水鉄砲を持ってきて、水遊びをしようということになりました。準備するもの、ルールなど納得がいくように子どもたちで話し合って決めました。

とても楽しみにして、前日から雨が降らないようにと、てるてる坊主をたくさん作って、黒板や窓際につり下げました!(^^)!

その甲斐があって、当日は晴天とまではいきませんでしたが、雲の切れ間から青空がのぞく天気となりました。朝から子どもたちはそわそわ!!20分休み後には準備万端でいよいよ水遊びスタートです!!出口先生にも前日から声をかけて参加してもらいました!!

みんなで、全力で水をかけ合い楽しみました!畑先生ももちろん参加です。たくさん水をかけあい、カメラ水没・・・。いい写真がとれず・・・(申し訳ない!)4時間目からは石田先生も参加してくださり、大いに盛り上がりました!!

自分たちで考えてやりたいことを計画して実行し、みんなで楽しいお楽しみ会にすることができました。長い夏休み、ご家庭でも楽しい思い出をたくさんつくってほしいと思います。そして2学期からも23名といっしょに、学校生活のなかで楽しい思い出をたくさん作っていきたいと思います!!

さあ、いよいよ夏休みが目の前です!!

水についての出前授業をしていただきました。(4年生)

23日(水)の3・4時間目に、丹波篠山市上水道課、下水道課から3名の方に来ていただきました。

まず3時間目は、水道から出る水がどのように飲み水となり各家庭、学校等にとどけられているのかを勉強しました。教科書を使って学習していましたが、実際に浄水場の施設の動画を見せていただいたり、動画をみてクイズに答えたりと、楽しんで学習することができました。

4時間目は、自分たちが使った水はどのように処理されているのかを勉強しました。トイレットペーパーとティッシュペーパーを水に入れてかき混ぜる実験を動画でみせていただき、ティッシュペーパーが水に溶けないことも知りました。食べ残し、髪の毛といったごみを水に流すことで、さらに水を汚してしまうこと、そしてそれをまた川に流すことができる程度の水に戻すには、たくさんの時間がかかることも勉強しました。

2時間みっちり勉強をした後には、丹波篠山市で作っておられる10年間保存できる水をいただきました!!子どもたちは大喜びで、「今すぐ飲みたい!」と言っていましたが、各家庭に持って帰って、今日学んだことを家庭で話をした後、飲むか保管しておくか相談して決めるようにと話をして持ち帰りました。

 

次の日、さっそく飲んでみた子もおり、「おいしかったよ!」と報告してくれました。このボトルの水は、福住の水から作られているそうです。

各家庭で水について話をして、水の使い方を考えるいい機会になったのではと思います。

車いす体験をしました!(4年生)

22日(火)の総合的な学習の時間に、先週に引き続き社会福祉協議会から2名と、車いすを取り扱っておられる株式会社石坪から2名の合わせて4名に来ていただき、車いす体験を行いました。

車いすの扱い方を詳しく説明していただき、いよいよ体験スタートです。

教室からエレベーターを使って1階に降り、校舎内を通って体育館前まで行きました。そして折り返して同じコースを通って教室まで戻ってくる、比較的長めのコースでした。サポート役2名と車いす体験1名の3名1組で活動を行い、途中の交代ポイントで交代しながら上手に体験することができました。

ほんのわずかな段差でも、車いすは上がれないことを身をもって学ぶことができました。また自分が思ったように小回りが利かなかったり、腕がだるくなってしまったり。そんなときにちょっとサポートしてもらうことのありがたさも実感することができました。

アイマスク体験をしました!(4年生)

16日(水)、丹波篠山市の社会福祉協議会の方3名に来ていただき、視覚障がい者の気持ちを知り、どのようなお助けができるのかを学ぶ体験学習を行いました。

社会福祉協議会の方から、視覚障がい者は30人に1人いるということや視覚障がい者には全盲の方と弱視の方がいること、視覚障がい者のために工夫されていること、そして声のかけ方や介助の仕方を教えていただきました。

その後、2人1組でアイマスク体験をしました。ヘルパーガイド役の友達に誘導してもらい、校舎内をアイマスクをして歩きました。子どもたちはヘルパーガイド役の友達の肩やひじをしっかりとつかみ、恐々と校舎を歩いたり階段の昇降をしたりしました。

体験後は、みんなしっかりと感想を書くことができていました。とてもいい勉強になりました。数名の感想を紹介します。

☆真っ暗で全然見えなかったです。ガイドをしたとき、人の命をあずかっているので、とても緊張しました。ちょっとの段差もめちゃこわかったです。下り階段も怖かったです。

☆アイマスクをつけているときに、ガイドの人が「これがあるよ」「まがるよ」といってくれたからとても安心して進めた。

☆ガイドをしたときは、実際に責任感を感じた。でもちゃんとできたと思う。階段の昇り降りがとても怖かった。でもそのなかでガイドの人がちゃんと誘導してくれたから安心して歩くことができた。でも全然意識していなかったちょっとした段差もすごく怖かったし、ガイドの人以外にふれるとすごく怖かった。

清掃センターへ見学に行ってきました。(4年生)

5月25日(火)に、丹波篠山市大山にある清掃センターへ見学に行ってきました。4月から、ごみの分別や処理についての仕組み、そしてごみを減らすためにできることについて学習を進めてきました。まとめとして、実際に清掃センターへ行ってごみが処理される過程について話を聞いたり、クレーンでごみを炉に入れるところを見せていただいたりして、たくさん勉強することができました。

 

リサイクルプラザでは、分別の問題にボールを投げて答えるゲームがありました。順番を守って、楽しんで問題に答えることができました。

家庭でも、ぜひ分別の仕方について確認して、ごみを減らす活動について話をしていただけたらと思います。

体育 鉄棒を頑張りました。(4年生)

4月から5月の体育では、鉄棒の学習に取り組みました。自分ができない技を練習し、できるようになろうと頑張る姿が素晴らしかったです。前回りができなかった子ができるようになったり、後方支持回転や足掛け前回りなど、新たな技に挑戦して練習に励んだりと、一人一人が自分で目標をもって練習に取り組みました。

そして先週、一人ずつ技をみせる発表会を行いました。できるようになった技を見せた子や、今までできていた技をより丁寧に見せた子など、一人一人の頑張りをみることができました。鉄棒の学習は終わりましたが、今でも休み時間や放課後などに自分で練習する前向きな姿がたくさんみられます。こつこつ頑張る姿に感心しました!!

今年の理科も 楽しいです!!(4年生)

子どもたちが大好きな理科の時間。出口先生の理科は、理科のふしぎを考えて予想して討論します。友だちの意見を聞いて予想変更してもいいので、友だちの発表に耳を傾けて、説得されて予想変更する子もいます。自分の予想があたっているのかは、最後の実験ではっきりします。出口先生が最後に実験をするときは、子どもたちは真剣に結果がどうなるのかを見届けます。毎回どきどきわくわくです!!

この日は、いかにペットボトルの水を早く出すかを競いました。どうやったら水を早く押し出すことができるのか・・・。じゃんけんで勝った子から、試行錯誤して水を押し出していました。新記録が出たら、大盛り上がりしました。

4年生が始まりました!!

元気いっぱいの23名と4年生がスタートしました。小学校に入学して3年間を過ごす中で、得意なこと・苦手なことが自分の中でできている子もいると思います。そんな中、苦手なことにも失敗を恐れずに『全力で集中』し挑戦することを通して、できることをどんどん増やし、自信をつける1年にしてほしいという思いと決意をこめて、学級目標を「全集中!」としました。4年生は産まれて10年、小学校生活では後半の始まりとなる節目の年です。教科学習にしっかりと取り組み、学校行事や遊びにおいても、子ども達のやる気と力が4年生でさらに大きくのびるように頑張りたいと思います。そして日々の生活のなかで、学習面でも生活面でも仲間と共に『全集中』し、今まで以上の力を発揮する姿を見ていただけるような学校生活にしていきたいと思います。

保護者の皆様の温かいご理解とご協力・ご支援をいただきながら、子どもたち23人と一緒にたくさん成長する1年にしたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。